公務員面接の達人~社会人・既卒/公務員から公務員への転職専門~
スポンサーリンク

山内ケイト
法律事務所に勤めていて、秘書業務及び弁護士の補助業務をされていた経歴から、国家一般と国税局の2か所に合格されたエーさん(仮名)にインタビューさせていただきました。

エー
私は、28歳になります。法律事務所では、5年間、ほぼずっと雑用をこなしていました。お茶くみとかもしていたので、自分の大きな業績が全くなかったということもあって、私は全くアピールポイントがないなと考えていました。

山内ケイト
そういう中でも自分が何かを考えてその仕事を一生懸命やっているはずなので、その考え方を是非アピールしてもらいたいなというのはあります。そこが一番アピールできるところじゃないかなと思ってはいます。

エー
私は元々間接的な仕事がいやで、もっと人に関わりたい、直接的に仕事がしたいというところが自分の軸にあったのですが、それは公務員ではなくても民間でもどこでも提示できる理由だと考えていたので、そこが公務員の業種をより調べるようにしました。
私の道のりが受講生の皆様への参考になれば幸いです。

山内ケイト
エーさんのインタビュー動画はこちらになります。

山内ケイト
エーさんのインタビュー内容は、テキストでもご覧いただけます。

【合格者インタビュー】

山内ケイト
それでは合格者インタビューを始めたいと思います。エーさんよろしくお願いいたします。

エー
よろしくお願いたします。

山内:まずはエーさん、合格おめでとうございます。

エー:ありがとうございます。

山内:本当、合格よかったですね。

エー:私自身もそう思っています。

山内:そうですか。2か所に合格されたというお話を聞いたので、ものすごくうれしいなと思いました。

エー:私も見たときは「わっ!」って思いました。

山内:そうですよね。でも今まですごく苦労されて合格されたと思うので、本当によかったなと思います。

エー:ありがとうございます。

山内:それではインタビューを始めていきたいと思います。よろしくお願いいたします。

エー:お願いいたします。

山内:まずはエーさんのご紹介になりますけれども、エーさんの年齢は28歳。事務職を5年やってやして退職されたということですね。

エー:はい。

山内ケイト
それから国家一般と国税局の2か所に合格されたと伺っております。事務職員ですけど、5年間働いていたということなんですが、ここを少しエーさんの方から補足の説明があったらお願いできますか?

エー
私は法律事務所に勤めていて、業務内容としては秘書業務及び弁護士の補助業務をしていました。

山内:なるほど。秘書の業務と弁護士の補助の業務ということですね。

エー:はい。

山内:そのほかにとても大変だったという話を伺ったんですけど、年齢が一番下だったので、雑用ではないですけど、そういう庶務的な仕事もたくさんあったとお伺いしました。

エー:そうですね。まったく私の次が入ってこなかったので、5年間、ほぼずっと雑用をこなしていました。なので朝からずっとあちこち動き回っていたというのが自分の働いていた時の印象です。

山内:なるほど。そんな風に働いていらっしゃったんですね。たぶんこれを聞いている皆さんの中にも、同じような仕事、法律事務所ではないかもしれないけど、庶務的な業務が結構あるという方もいらっしゃるかなと思いますので、ぜひそういう方も参考にしていただければと思います。

次にこの公務員面接の達人にいらっしゃる前に、いろんな課題があったと思うんですけれども、その課題についてお話ししたいと思います。

自己PRについて

山内ケイト
エーさんは、今までの経験のアピール方法というのがちょっと難しいなっていうことが課題でしたね。

2つめとしてはどうやって強みというのを表現したらいいのか、それも課題だった。やはり一番最初の「今までの経験」というのが一番大変だったかなという風に思います。

例えば先ほど自己紹介のところで、エーさんは弁護士事務所で事務職として働いていらっしゃって、庶務的な仕事もやっていらっしゃったというところで、何か大きな実績みたいなものがないので、どんな風にしようかということを考えていらっしゃいましたね。その中で強みをなかなか見いだせなかったというのもありますね。

それからそれも含めてですけれども、3つめの「転職理由の整合性」がやはり難しかったと仰っていたと思います。
1つめの経験のアピール方法というところをもう少しお聞かせ願いたいんですけれども、最初どんな風にエーさんはアピールというものを考えていましたか?

エー
私は本当にお茶くみとかもしていたので、自分の大きな業績が全くなかったということもあって、やはり転職のサイトや本を見ると非常に優秀な成績を修めていたということばかりが例に挙げられていたので、これだと私は全くアピールポイントがないなと考えていました。

なので自分が何をしていたということも、内容として書くと、数行に満たないので、ここはどうやって膨らましていけばいいんだろう?ということを考えていて、その時にサイトを見て、そこに例示が載っていて、同じような事務職の方でも、一つのことに焦点を当てて膨らましていくというのがいいのかもしれないと考えて、そこから「ここに特化して考えてみよう」と解決の糸口を見つけることができて、自分なりに作りあげることができたと思います。

山内:なるほど。そうなんですね。そこ大事ですよね。皆さん普通の事務の仕事ってあまりアピールすることがないんじゃないかと思っていらっしゃる方結構いるんですよね。

でも、そういう中でも自分が何かを考えてその仕事を一生懸命やっているはずなので、その考え方を是非アピールしてもらいたいなというのはあります。そこが一番アピールできるところじゃないかなと思ってはいます。

たかだか事務とはいっても、本当にいろんなやりかたがあるので、それをどういう風に工夫してやっていらっしゃるのかということを、ぜひ皆さんにも考えていただきたいなと思います。そこからエーさんの場合には「強み」をどういう風にしたら表現できるのかが考えられたんですかね。

エー:そうですね。で、私は自分の中では工夫していたなと思うことの、一番事務処理能力として今後使って行けるであろうところが強みとしてアピールすべきだと思ったので、そこを自己PRの形にして作っていくようにしました。

転職理由の整合性について

山内ケイト
ありがとうございます。それは本当に大事ですね。自分がどういうところを頑張ってやったのか、まずはそこを見つけてつよみとして考えていく。それをエーさんはうまくできたかなと思います。転職理由の整合性ですけれども、ここは一番ネックになる人が多いんじゃないかなと思うんですけれども、エーさんはどんなふうに整合性を考えられましたか?

エー
私は元々間接的な仕事がいやで、もっと人に関わりたい、直接的に仕事がしたいというところが自分の軸にあったのですが、それは公務員ではなくても民間でもどこでも提示できる理由だと考えていたので、そこが公務員の業種をより調べるようにしました。

そこで公務員であればこういうことができる、民間だったらこういうことができる。そういうことを自分の中で積み上げていって、よりやってみたい仕事というか、この先40年近く働くには「私はどちらにより魅力を感じるだろう?」ということを考えて、そこからより転職理由の詳細を作っていくようにしました。

山内:なるほど。なんかすごく論理的にいろいろと考えているんですね。素晴らしいですね。
でも必ず民間と公務員の違い、それは大事かなと思います。

その仕事とかそのやり方とか、その考えって、民間でもできるんじゃないの?ってほとんどの方が聞かれる可能性があるかなと思っています。やっぱり公務員じゃなきゃできないこと、それをしっかりと考えていただきたいなと思っています。

例えば誰にでも分け隔てなく、公平公正に考えるとか、いろんな人たちに、困っている人たちに、隅から隅まで届けるとか、いろいろと考え方はあると思いますが、自分にどれが必要なのかを考えられたらいいのかな?という風に思います。
でもとても参考になるお話で、ありがとうございます。

面接対策について

山内ケイト
面接対策、どんな面接対策をやっていったのか。
この今の課題があった中で、ということなんですけど、当然のことながら課題の対策ですね。想定問答をやっていただいたというのは当然のことなんですけれども、ほかの面接での質問をまとめていったりとかしたっていうのをお伺いしたんですけれども、これについてどんな風にしたのかお話伺ってもいいですか?

エー
私は受けてなかなかうまく答えられなかったなという質問や、自分としては答えたつもりなんだけど、面接官の方が納得していないなという表情をしたと思った時の答えを想定問題の下に追加していって、自分なりに回答を書いていって、それを300字程度に収めるようにしていました。

その回答を読んで、「ここはもうちょっと突かれそうだな」と思ったり、「ここは言っていることがふわっとしているな」と思ったところを、それはどういうことなのか?という質問を追加して、答えを出して、というのをどんどん想定問答集につなげていくという形にして、想定問答集を自分なりにオリジナルを作っていきました。

それが想定問答集の問題の何番と似通っているかを自分で見て、似通っているものを下にくっつけて、それで自分なりにストーリーを作って覚えていく、というのをしていました。

山内:そうですか、さすがですね。

今までそんなことをやっている人ってあまり聞いたことがないなと今思っているんですけど、やはり私たち「公務員面接の達人」では、50問という想定問答を作っているんですが、これはだいたいどこでもこういう質問が来るだろうなというところで作っています。

さらにその答えに対して、どんな質問が来るのかというところまでは、本当はみなさん個々に考えていただきたいなという風に思っています。
そこはどんなふうに突っ込まれるか、によって元々の想定問答に対しての答えも少しずつ変わっていくんじゃないかなと思っています。
エーさんの場合はさらに、もっともっと深掘りをしていったということですね。

エー:そうですね。

山内:すごいですね。想定問答に書いてある以外のこともたくさん質問される可能性があります。

んな質問をされるのかというのは、エーさんの場合には自分の面接でいろいろと洗っていったというのがありますが、ここの部分は、例えばネットで見てみると「こんな質問されました」みたいなのが載っていますので、そういうところから質問を集めてみて、自分だったらどんなふうに答えるのか、あとは今までの答えの中で、もっともっとこんな風に聞かれたらどういう風にしようか、というのを自分自身で深掘りしていったらいいのかなという風には思います。

応募先のリサーチについて

山内ケイト
応募先のリサーチもエーさんされたそうですね。ここも工夫があったと思うんですけど、お話しを伺ってもいいですか?

エー
今回はコロナ禍で説明会などは全部WEBだったりしたので、基本的にはネットで情報を収集する、あるいはパンフレットで情報収集するというかたちをとりました。

パンフレットなどだと、1日のスケジュールなどを載せてくれる方がたくさんいらっしゃるので、そういったものを見るのと、答えている質問内容を見て、「なぜこの人はこういう考え方をしているんだろう」とか「この業務内容イマイチよくわからないな」ということをネットで調べて、自分が働いている姿を想像しながら読むようにしました。

すると、より分からないと思うところが出てくるので、そこを意識しながら動画やパンフレットを見て、そこの回答を自分で探していく、わからなければ「質問ありますか?」と聞かれたときに質問すればいいと思っていたので、最後に向こうから聞かれる質問も、その時に一緒に作ることができるので、そういった形でリサーチするようにしていました。

山内:ありがとうございます。すごいですね。

ただ単にネットで表示されているもの、パンフレットで印刷されているものの中身を見るだけじゃなくて、そこに自分を置いてみたらどうなんだろう?というところまで考えて、さらにそこからいろんな疑問点がわくから、最後の逆質問まで考えることができる。

そりゃそうですよね。みなさんもこれを参考にしていただいてやってみたらいかがかなという風に思いました。

WEB面接について

山内ケイト
次に本番での面接に行きたいと思います。今回はエーさん、WEB面接もあったんですよね。WEB面接で気を付けたことがあったら教えていただきたいんですけどいかがでした?

エー
画面を見るのではなくカメラを見ることが1点と、自分の声が自分の耳で聞いているより低く聞こえるので、ワントーンくらい上げることを意識して答えるようにしていました。

あとは、私は形から入るタイプだと思っているので、スーツはすべて着たうえで、WEB面接であってもヒールを履いて腕時計もして、爪も切って挑むようにしていました。

ヒールを履いた理由は、その方が姿勢が良くなる、気持ちが切り替わるということがありました。

腕時計と爪を切った理由は、社会人は基本的に腕時計をしているのが普通だったので、そういったところで働いていたアピールというか、もし見えていた時のことを考えて形を作って挑むようにしていました。

山内:ありがとうございます。すごいですね。

ヒールまで履いて面接を受けていた。しかも見えないのに。ちゃんと下に新聞紙を引いて、その上にヒールで受けていたと聞いたんですけど、やっぱり見えないところまできちんとしているというのはとても重要だなという風に思います。

こういう風にした方がうまく面接を受けられるという方は、ぜひこれを参考にされたらいいかなと思います。

ただ「すごい緊張するから、リラックスしていた方がいいんだよね」という人も中に入るかもしれません。その場合にはご自身がリラックスできる形、面接で質問されたときにうまく答えられるような、緊張感がちょうどほぐれたような形になれるかどうか、そこが問題だと思いますので、そういう形になれるようにした方がいいかなと思います。

ですが見えないところもきちんと気を付けるというのは素晴らしい考えだなと思いました。

対面の面接について

山内ケイト
対面での面接で気を付けたことはありますか?

エー
対面の場合は面接官の質問されている方はもちろんなんですが、回答しているときはほかの面接官の顔も見るようにする、あとは相槌を過度に打ちすぎない、あとは全くこちらを見ない面接官の方もいらっしゃるんですが、そういった方も漏らさずに見る、ということが大事だと思います。

山内:ありがとうございます。これは普通のプレゼントか、会議での発言とか、そういったところでも使える技術ですよね。

とにかく自分が何か発言するときにはまんべんなく見て発言する、こちらを見ていない人に対してもきちんと顔を向ける、それはとても大事だと思います。やはりそういう気持ちがあるから、面接官から見ても「この人はいろんなことに気を付けて考えてやる人だな」という印象を付けられると思います。
すばらしいですね。

あとは質問の答え方について面白い話をお伺いしたんですが、ここのところについて少しお話をお願いできますか?

エー:特に集団面接のときが顕著に出ると思うんですが、ほかの方が短く答えていたとしても、自分は面接官の気を引くために長く答えるということが非常に大事だと思います。

おそらく想定問答では300字程度で書くようになっていると思いますが、それくらいは話さないと、面接官はいろんな方の面接をしているので、興味を持ってもらえないです。

なので興味を持ってもらおうと思って「見出し」というような答え方をしても、その「見出し」に興味を持ってもらえない確率の方が非常に高いので、先に全部話しておくということが必要になります。

個人の面接であればその時間は自分の時間なので、あまり上がることなくきちんと全部話せると思うんですが、集団面接になると、隣の方たちが短いと、自分も短くしないといけないと思い込んでしまうと思うのですが、そういう気持ちは取っ払って、自分をアピールする必要があるので、しっかり話すことが大事だと思います。

山内:ありがとうございます。その通りですね。

エーさんはしっかりと、本当に基本的なことをやっていったんだなと思いました。だからこそ、こうやって合格できたのかなと思います。

みなさん、想定問答の通りに300文字、だいたい1分くらいですけど、そのように答えてほしいなと思います。面接官は答えている内容を聞きながら、短いと「え~?それで?それだけ?」って思ってしまうんですね。

そのあとどうやってその人からもっと深い部分を聞き出そうかっていう風に考えないといけません。時間がたくさんあれば、いろいろと聞き出すことを考えるんですけど公務員の面接は時間がとても短いです。ですからできればその時間をうまく利用するために、だいたい1分くらいは話してもらいたいなというのはあります。

もし、どうしても長くなるようでしたら「すいません、長くなってしまいますがよろしいでしょうか?」という風に断りを入れて話をしてください。

でも、エーさんのその考え方、例えば集団面接では、「ほかの人に振り回されずに自分の意見をしっかり言う」「アピールしたいポイントを面接官に言う」その姿勢は素晴らしいなと思いました。

ではそういうことをしていって面接に受かったということなんですが、最後にまだまだこれから面接を受ける方とか、あるいは来年、再来年多くの方が受験をされるのでその方々に向けて何か一言お願いしたいんですがよろしいでしょうか?

これから受験される方へのメッセージ

エー
どんどんどんどん時間が無くなってくると、非常に焦ってくると思うんですが、そういったときでも深刻にならず真剣に取り組むことを心がけるといいと思います。

また、面接というのは自分の魅力をアピールする場所なので、いいところも悪いところも含めなんですが、そういったときは他人が信じてくれた自分の姿というのは一番自分を表している鏡だと思っているので、そこをアピールすると、非常に向こうにその人の魅力が伝わると思うので、そういった意味で他人が信じてくれた自分の姿を信じるということが大事になると思います。

なのでそういったことを心がけて頑張ってください。

山内ケイト
ありがとうございました。本当にいいメッセージをもらったんじゃないかなという風に思います。
自分が信じていることも確かに大事ですけれども、人から見て「あなた、こういうところがいいわね」とか「こんな風に頑張ってるね」と言われたことはあるんじゃないかと思うんですね。そこをぜひ大事にしてもらいたいと思います。

それから公務員面接の達人に来れば「こういうところすごいじゃない」とか「こんなところ、よく頑張ってるわね」ということがたくさん出てくると思うので、是非そういうところも頼ったりしていただければなと「公務員面接の達人」の宣伝になりますけど、そんな風に使っていただければなと思います。

ではエーさん今日はありがとうございました。

エー:こちらこそありがとうございました。

山内:貴重な時間をいただいて素晴らしいメッセージもいただいて、本当によかったなと思います。そして合格おめでとうございます。

エー:ありがとうございます。

山内:これが入り口になると思いますので、これからの国家公務員としてのエーさんの頑張りを心から応援しております。

エー:ありがとうございます。頑張ります。

山内:頑張ってください。では今日は本当にありがとうございました。

スポンサーリンク

無料の公務員面接対策オンラインセミナーの内容はこちら

  • 元公務員面接官が教える面接を突破するための対策
  • ノウハウの取得に走る前に理解すべきこと
  • 地雷対策をすればマイナスは無効化可能
  • 公務員面接対策に必要な4つの柱とは
  • 年代別自己PR対策について(新卒、既卒~27歳、28~34歳、35歳以上)

安達瑠依子
公務員を目指す受講生が公務員面接の達人のサポートを選ばれる理由はこちらをご覧ください。

アンケートに答えていただけた方には特別動画をプレゼント

公務員面接対策オンラインセミナーを視聴後、簡単なアンケートに回答すると以下の動画等を無料でプレゼントさせていただきます。

  1. 20代、30代、40代の年代別面接対策の事例解説
  2. 予備校でも教えていない質問回答解説動画プレゼント!

安達瑠依子
無料の面接対策オンラインセミナーを視聴するには、LINE登録が必要になります。こちらからご登録をお願いいたします。

アンケートプレゼント① 20代、30代、40代の年代別面接対策の事例解説

安達瑠依子
この年代別の面接事例研究オンラインセミナーを見ることによって、公務員面接の合格率が上がることは間違いありません。

20代、30代、40代、年代ごとに受験生の志望動機、やりたい仕事など、 面接事例を見ながら学んでいただくオンラインセミナーです。

各年代の受験生の経歴、強み、エピソード、表現など、どこが課題であったのか?

面接官との詳細なやり取りを見ながら、各年代の対策内容を詳しく解説していきます。

ここまで詳細に面接官とのやり取りを解説し、面接官が何を意図して質問をしたのか等、解説しているサイトは存在いたしません。

元公務員面接官だからこそ、面接官の目線で解説が可能なのです。

アンケートプレゼント② 予備校でも教えていない質問回答解説動画プレゼント!

安達瑠依子
公務員の面接の中では、ここが一番重要と言っても過言ではありませんが、予備校で教えているところは見たことがありません。

志望動機、自己PR、自己分析、どれも公務員の面接試験で合格するためには、必要不可欠な対策です。

しかし、実は、ここを徹底的に対策しても、面接に合格することはできません。

なぜかというと・・・公務員試験の面接官は、もっと重要な部分をチェックしているからです。

面接の中では、ここが一番重要と言っても過言ではありませんが、予備校で教えているところは見たことがありません。

また、今まで、沢山の受講生を指導させていただきましたが、この公務員の面接で一番重要なポイントを理解していない方が非常に多いと感じています。

公務員から公務員を目指している人であっても、理解されている方は50%程度です。

ここは、最終面接で聞かれることがとても多いのですが、民間企業、新卒の方は、99%回答することができません。

安達瑠依子
今回、アンケートに回答いただいた方には、「新卒、社会人、既卒、アルバイト経験者が面接官に求められている合格するための重要ポイント」の解説オンライン動画をプレゼントいたします!

参加者
予備校も教えていない99%の人が間違えてる重要ポイント気になります~!
公務員面接の達人
友だち追加
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事