【公務員合格者インタビュー動画Vo.28】31歳 3回の転職&短期離職あり!2週間前からの面接対策で公務員試験に合格!

山内ケイト
今日は県庁に合格されました31歳で3回の転職があるMさんにインタビューさせていただきました

Mさん

ありがとうございます。山内先生のおかげです。

山内ケイト
これはMさんの実力と、今まで一生懸命頑張ってきた結果がちゃんと出たことじゃないかなと思っています。
本番面接まで2週間で公務員面接他の達人のサポートを受講された時のことについて状況を少しお話していただけますか。

Mさん
わたくしが受けた県では2次面接、面接が2回あって、そのうちの1回が終わってしまっていた状態で「自分の回答レベルが低いな」と改めて実感して、次の2回目の面接が実質の最終面接だったので「さすがにこのままでは落ちてしまう」と痛感したので、「どうにかこうにかしなきゃ」と思っていて、それがちょうど2週間しかなくて、という感じです。

山内ケイト
Mさんのインタビュー動画は、こちらから、ご覧いただけます。

 

山内ケイト
Mさんのインタビュー内容は、テキストでもご覧いただけます。

合格者インタビュー

山内ケイト
こんにちは。今日はある県庁を合格した方の合格者インタビューを始めたいと思います。よろしくお願いいたします。

Mさん
こんにちは。本日は、よろしくお願いいたします。

山内:Mさん、この度は合格おめでとうございます。

M:ありがとうございます。

山内:本当に私もすごいホッとしたんですけど、よかったですね。

M:ありがとうございます。山内先生のおかげです。

山内:いえいえいえ。これはMさんの実力と、今まで一生懸命頑張ってきた結果がちゃんと出たことじゃないかなと思っています。

M:ありがとうございます。

山内:ではまず、Mさんの紹介をしたいと思います。Mさんは31歳で3回の転職があります。実は2社目が、ご自身がなりたくて仕方なかった夢の仕事ができたんですよね。

M:はい。

山内ケイト
でもなぜか、断念してしまった。という経緯があります。それでも次にいろいろやって、県庁に今回合格した、ということがありますね。2社目の夢の話を少しだけしていただいてもいいですか?

M
2社目では、本当に小さいころからなりたかったものになれて、すごく嬉しかったんですけど、やっぱり周りが出産を機に辞めていってしまう姿を見て、一生続けられる仕事ではないかな?と思い、断念しました。

山内:そういう経緯があったんですね。

M:はい。

山内:きっと、これを聞いている皆さんの中にも、「こんなことがあるのかもしれないな」と思ってお伺いしました。ありがとうございます。

ではまず、この「公務員面接の達人」を受講するきっかけがあったと思うんですけど、受講前の課題として今日は2つ挙げていただいています。

本番面接まで2週間でのサポート受講について

山内ケイト
1つめは次の面接まで2週間しかなかったということと、2つめは面接官の質問に対する回答のレベル、というところで課題があったということなんですけど、この状況を少しお話していただけますか?

M
わたくしが受けた県では2次面接、面接が2回あって、そのうちの1回が終わってしまっていた状態で「自分の回答レベルが低いな」と改めて実感して、次の2回目の面接が実質の最終面接だったので「さすがにこのままでは落ちてしまう」と痛感したので、「どうにかこうにかしなきゃ」と思っていて、それがちょうど2週間しかなくて、という感じです。

 

山内:そうだったんですね。じゃあその2週間で「どう対策するか」というところで受講してくださいました。じゃあ受講した時の対策として1つ1つお伺いしたいんですけど、想定問答の対策としてやっていただいたことはどんなことがありましたか?

M:想定問答を1から、まっさらな状態で回答したんですけど、先生に添削していただいたときに、「これじゃあエピソードの落ちが弱い」とか、民間企業3社と、今の職業のあわせて4社経験しているんですけど、今の現役のエピソードよりも、民間企業のA社の時のエピソードの方がMさんらしさが伝わるとか、もっと大変だったことが次の県庁で活かせるとアドバイスいただいて、何度も想定問答をやり直して、いいものを完成させられたと思っています。

応募先のリサーチについて

山内ケイト
ありがとうございます。次に応募先のリサーチですけれども、これはどうでしたか?

M
こちらは「アイディア自体はすごくいい」と先生に仰っていただいたんですけれども、そのアイディアをその先にどうつなげていくのか、やることによって県がどう変わっていくのか、あと切り口としてそれをどう持って行った方が効果的に伝えられるかが、まだまだ甘かったんですけど、先生のアドバイスでいいものに、納得いくものに仕上げることができました。

山内:ありがとうございます。それではその面接の対策をいろいろして、本番はどうだったかというのをお伺いします。まず1つめは「2回目の面接では質問は鋭いが、ほとんど想定問答の変形」とのことですが、これはどんな感じでしたか?

M:まず、やりたい仕事を絶対聞かれるだろうと思って、先ほどの先生と一緒に考えたものは一切聞かれず、まさかの「課題」であったり「県が力を入れて取り組んでいること」を聞かれ、さらに実は私は今自治体の職員なんですけれども、県はもっと広い、窓口ではない、対住民ではない仕事をしていますけど、それはどうやって活かしますか?とか、課題に対して、自分は県職員としてどんなことをしたいと思っていますか?とか、そういった感じの、全く自分の中で想像していた面接と違う流れできたりとか、試されているという質問がすごく多かった気がしました。

でもよく考えてみると、「想定問答の変形だな」と思ったので、想定問答をそのまま、私は時間がなかったので暗記していたんですけれども、それを答えるようにしました。

山内:なるほど。でも想定問答で十分に答えることができたということですかね?

M:はい、そうです。

質問に対する回答について

山内ケイト
ありがとうございます。次に、「質問に対する回答をしっかり」とありますが、これはどんなことでしょうか?

M
こちらは先生と模擬面接をさせていただいた際に、結論だけ述べてしまって、先生に「で?」と言われ「その先もちゃんと答えようか」と言われていたので、そこが自分の弱みというか、改善しなければならないところだと思っていたので、本番の面接ではそうならないように、しっかりとエピソードの結論まで話せるように意識してしっかり答えました。

山内:なるほど。やっぱりそういう風にするということが大事だったんだろうなというところですね。

M:はい。

これから受験される方へのメッセージ

山内ケイト
ありがとうございます。それでは最後に、これから受験をする方へ、メッセージをお願いいたします。

M
公務員面接は長丁場で、小手先だけでうまくいく簡単なものではなく、辛いこととか大変なことがすごく多くて、心も折れそうになるかと思うんですが、でもやればやっただけちゃんと結果はついてきますし、今、公務員試験に挑戦している自分を褒めてあげて、合格した時の喜びやその先の未来を、楽しいことを想像して突き進んでください。応援しています。

山内:ありがとうございます。素敵なメッセージを本当にありがとうございます。本当に最後ですが、Mさん、合格おめでとうございます。

M:ありがとうございます。

山内:これから県庁ですが、これがスタートだと思いますので、これからも頑張ってくださいね。

M:はい、ありがとうございます、頑張ります。

山内:それではこれでインタビューを終わりにします。ありがとうございました。

M:ありがとうございました。

面接対策は独学で対策出来ると思いますか?

筆記試験は、100%正しい答えがあるので、独学でも対策することは可能です。

しかしながら、面接試験には正しい答えが存在しません。

特に既卒、社会人、公務員から公務員への転職の場合、年齢、経験などが全く異なります。

面接官は、なぜ、あの質問をしたのか?

どのような回答を望んでいたのか?

どのような人材を求めているのか?

その答えは、どこにも記されていませんが、面接官が求めている回答をしない限り、公務員の面接試験に合格することはできないのです。

民間の面接と違って、公務員試験は、1年間勉強して、筆記試験に合格したとしても、実は、たったの20分程度の面接で不合格になってしまう世界です。

しかしながら、未だに、元気にハキハキ、しっかりと自分のことをアピールし、面接官に良い印象を与えることができれば、面接に合格できると信じている方がいます。

ハッキリ言って、公務員の面接試験は、それほど甘くありません。

インターネット上に溢れ返っている、曖昧な面接対策や、公務員面接試験に合格した方のアドバイスを信じて、対策をされている方もいますが、新卒ならまだしも、年齢、経験、希望する自治体、自治体が求めている人物など、すべてが違うにも関わらず、何を参考にしているのでしょうか。

あなたの一生を左右するかもしれない大事な面接対策を、正しいかどうかもわからない情報を信じて、対策しても良いのでしょうか。

ハッキリ言います。公務員の面接試験で確実に合格するためには、プロの面接官の指導による客観視が必要不可欠です。

公務員面接の達人は、元公務員面接官の目線で、あなたの年代、経験、受験先の自治体に合わせて、面接指導をすることで、確実に面接の合格率を上げることができます。

無料で学べる!公務員面接対策オンラインセミナーの内容はこちら

  • 元公務員面接官が教える面接を突破するための対策
  • ノウハウの取得に走る前に理解すべきこと
  • 地雷対策をすればマイナスは無効化可能
  • 公務員面接対策に必要な4つの柱とは
  • 年代別自己PR対策について(新卒、既卒~27歳、28~34歳、35歳以上)

安達瑠依子
公務員を目指す受講生が公務員面接の達人のサポートを選ばれる理由はこちらをご覧ください。

安達瑠依子
合格者インタビューをここまで詳細にご紹介しているのは、公務員面接の達人だけす!

公務員面接の達人のLINEはこちらから登録いただけます

「無料で学べる!公務員面接の達人の面接対策」に興味をもっていいただき、ありがとうございます!

この講座では、元公務員面接官が解説する目から鱗の面接対策はもちろん、20代、30代、40代別の自己PR対策などについても解説させていただいています。

あなたの年齢、経験に沿った面接対策の参考になると思いますので、しっかりとご覧くださいませ

特に、社会人、既卒の方は、新卒よりも面接のハードルが上がっているため、必ず対策しなければならないことがあります。

公務員面接の達人
友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事