公務員面接の達人~社会人・既卒/公務員から公務員への転職専門~
スポンサーリンク

25歳の受講生、面接合格しました!

 

安達瑠依子
10月にサポートを受講されたかたから市役所の合格の報告をいただきました。

時間のない中、直前のサポートでしたが、しっかりと公務員面接の達人の想定問答に取り組まれ、合格されたということで、私もとてもうれしいです。

面接対策には貪欲に取り組まれ、「きっと、仕事もこうだろうな」と感じました。

短期の職歴ですが、持ち前の明るさや仕事に対する姿勢など、素敵な青年だと思いました。

でも、受講当初は、最初は自分では自信がない様子でしたので、そこが改善点のひとつでした。

自分の事は自分では冷静に判断するのは難しいですね。

実はバリバリのビジネスマンも自分の事になると・・という場合が多いです。

事実(さまざまな状況でとった行動)とその時に何を考えて選択したのかをヒアリングすることで、その方の考え方と行動の癖が読み取れます。

長年、面接だけでなく人事評価を専門にしてまいりましたので、その方の強みを把握するのが得意なため、ご本人が認知していない強みを発見できます。

今回の素敵な青年は、確かに短期の職歴であり、面接官によっては誤解をするような場面もあります。

ですから、表面的な話にならないよう、しっかりと話す内容の組み立てが重要でした。

「そこ、もう少し聞きたい」と関心を持ってもらうこと。

それはテクニックの部分もあるので、今回は成功したと言えます。

話す本人が自信がないと面接官は不安に思うものです。

堂々と話すと、それだけで、面接官はひとつの魅力に感じます。

スポンサーリンク

45歳の受講生からも合格の報告!

また、45才の受講生からも合格の報告がありました。

理系の専門職ですが、45才は簡単ではないです。

現職は実は半年しか経っておらず、転職の失敗が受験の理由。(気の毒な事にひどいパワハラに合いました)

課題はそれだけではないですが、自分のウィークポイントに真摯に向き合い苦手な面接を突破しました。

退職する理由にパワハラは入れておりません。

プラスの転職理由、そして、今では出来ない事が応募先の県庁では叶う。

そこを明確にしました。

あとは、ご本人の経験スキルを面接官にどのように伝えて、活躍するイメージを持たせるか、です。

安達瑠依子
公務員面接の達人の想定問答通りの質問が多かったそうです。

想定問答は面接の軸になることをカバーしていなければ意味がありませんので、そういう組み立てをしていますが、経験者は背景によって質問が大きく変わります。

その点、今回の県庁はオーソドックスな面接だった事もラッキーでした。基本は何でも大切ですね!

無料の公務員面接対策オンラインセミナーの内容はこちら

  • 元公務員面接官が教える面接を突破するための対策
  • ノウハウの取得に走る前に理解すべきこと
  • 地雷対策をすればマイナスは無効化可能
  • 公務員面接対策に必要な4つの柱とは
  • 年代別自己PR対策について(新卒、既卒~27歳、28~34歳、35歳以上)

安達瑠依子
公務員を目指す受講生が公務員面接の達人のサポートを選ばれる理由はこちらをご覧ください。

アンケートに答えていただけた方には特別動画をプレゼント

公務員面接対策オンラインセミナーを視聴後、簡単なアンケートに回答すると以下の動画等を無料でプレゼントさせていただきます。

  1. 20代、30代、40代の年代別面接対策の事例解説
  2. 予備校でも教えていない質問回答解説動画プレゼント!

安達瑠依子
無料の面接対策オンラインセミナーを視聴するには、LINE登録が必要になります。こちらからご登録をお願いいたします。

アンケートプレゼント① 20代、30代、40代の年代別面接対策の事例解説

安達瑠依子
この年代別の面接事例研究オンラインセミナーを見ることによって、公務員面接の合格率が上がることは間違いありません。

20代、30代、40代、年代ごとに受験生の志望動機、やりたい仕事など、 面接事例を見ながら学んでいただくオンラインセミナーです。

各年代の受験生の経歴、強み、エピソード、表現など、どこが課題であったのか?

面接官との詳細なやり取りを見ながら、各年代の対策内容を詳しく解説していきます。

ここまで詳細に面接官とのやり取りを解説し、面接官が何を意図して質問をしたのか等、解説しているサイトは存在いたしません。

元公務員面接官だからこそ、面接官の目線で解説が可能なのです。

アンケートプレゼント② 予備校でも教えていない質問回答解説動画プレゼント!

安達瑠依子
公務員の面接の中では、ここが一番重要と言っても過言ではありませんが、予備校で教えているところは見たことがありません。

志望動機、自己PR、自己分析、どれも公務員の面接試験で合格するためには、必要不可欠な対策です。

しかし、実は、ここを徹底的に対策しても、面接に合格することはできません。

なぜかというと・・・公務員試験の面接官は、もっと重要な部分をチェックしているからです。

面接の中では、ここが一番重要と言っても過言ではありませんが、予備校で教えているところは見たことがありません。

また、今まで、沢山の受講生を指導させていただきましたが、この公務員の面接で一番重要なポイントを理解していない方が非常に多いと感じています。

公務員から公務員を目指している人であっても、理解されている方は50%程度です。

ここは、最終面接で聞かれることがとても多いのですが、民間企業、新卒の方は、99%回答することができません。

安達瑠依子
今回、アンケートに回答いただいた方には、「新卒、社会人、既卒、アルバイト経験者が面接官に求められている合格するための重要ポイント」の解説オンライン動画をプレゼントいたします!

参加者
予備校も教えていない99%の人が間違えてる重要ポイント気になります~!
公務員面接の達人
友だち追加
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事