公務員面接の達人

安達瑠依子
公務員面接に合格される方の面接対策スケジュールをご紹介いたします。

受験生
合格された方のスケジュール管理!気になります!

 

下記は、わたくしがサポートをした多くの方の平均的な例です。

毎年、秋になると新卒のときに公務員試験を失敗した方や、その年の受験に失敗し、ご相談に見えます。

例えば、卒業して、アルバイトをしながら公務員面接に合格された方の対策スケジュールだとお考えください。

秋のセミナーに参加された方は、年が明ける前に開始されます。

秋からではなくとも、年を明けたらすぐに取り掛かる方は少なくないです。面接対策が重要だと気づかれた方ですね。

 

公務員面接の達人

安達瑠依子

ご覧の通り、面接試験に合格される方は、ほぼ、1年がかりで対策をしています。大切なことは筆記の直前や、直後から取り掛かっても間に合わないという事です。

受験生
えぇ~っ!!合格してる方は、こんなに前から対策してたんですかっ!

合格するための面接対策スケジュールのポイントとは?

ポイントのひとつ目は、筆記の少なくとも2か月は前に、自分の強み、自己分析、やりたい仕事など、面接の軸となる部分は作り上げて、完成させておきます。

この面接の軸を作り上げてから、筆記に集中するというのが、公務員面接試験に合格するためのベストなスケジュールになります。

公務員面接の達人

エントリーシートを出す時には、すでに想定問答をしっかりやっているので、すぐに書きだすことができるようになっています。

その後、この受講生の場合は、私の方でエントリーシートのチェックを行わせていただき、模擬面接をされることで、第一希望に合格されました。

※上記の合格スケジュールは、合格者のモデルケースであり、実際の合格者情報そのままではありません。

安達瑠依子
私がおススメする合格するための面接対策スケジュールとしては

3月くらいまでに、自己分析、チームでやったことの洗い出しなど、大まかなところは完成させて、ある程度、90%程度完成してから、筆記試験に集中するというスケジュールですね。

そして、筆記試験が終わったら、再度、模擬面接で最後の対策をするという形がベストです。

そして、ふたつ目のポイントは応募先ややりたい仕事のリサーチなどは早めにスケジュールを立てて、筆記と並行してちょこちょこ継続することです。

私は、2012年頃から、この公務員面接対策をはじめましたが、ハッキリ言って、早い時期に対策をされている方ほど、合格率が高いのが事実です。

受験生
筆記試験に合格してから面接対策しようと思ってましたが、それでは遅いんですね。。。

安達瑠依子
そのスケジュールでは、残念ながら合格率がかなり低くなるのが現実です。

合格できる面接対策スケジュールの解説はこちらをご覧くださいませ。5分程度の解説動画になります。

面接の合格率をあげるためには?

公務員面接に100%合格する魔法の方法はありませんが、合格率をかなり上げることは誰でもできます。

それは、100%落ちる地雷を踏まないことと、やるべきことをやっておくことです。

こちらの無料でできる公務員面接対策セミナーは、面接対策として、やるべきことがわかるようになるので、合格率を一気にあげることができます。

ぜひ、合格するための対策方法を参考にしてくださいませ。

安達瑠依子
面接対策の秘訣は、やるべきことをやることです。

録画セミナーの内容はこちら

  • 公務員面接の対策について
  • 面接官が評価するポイント/知りたい事
  • 面接官から高評価になる自己PRの書き方
  • 合格された方の具体的な面接対策方法
  • 公務員面接での面接評価基準の解説(面接官しか知らない情報です)

セミナー全体の内容を5分程度にまとめたので、ぜひ、ご覧くださいませ。
ブログにも書いていない面接官ならではの視点でのお話になります。

録画セミナーの公開は終了いたしました。

公務員面接の達人
友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事