わずか20分であなたの人生が決まるのです

アルバイトの受講生
昨年は、公務員の面接は何をしたらよいのかがわからなくて、特に対策することができず不合格になってしまいました。

 

安達瑠依子
民間の面接と違って、公務員試験は、1年間勉強して、筆記試験に合格したとしても、たったの20分程度の面接で合否が決まってしまう世界です。
にも拘わらず、面接対策をしない方が多すぎますね。

 

公務員になれるかどうかは、面接対策にかかっています。

あなたの人生が決まるかもしれないというくらいの覚悟で取り組む必要があります。

特に既卒/アルバイト経験者の場合は、就職をせずに公務員を目指してきたにも関わらず、面接の結果次第で、すべて無駄になってしまうといことが、とてももったいないと感じていました。

退職までして公務員受験に専念した社会人も、筆記試験を通過しても最後の面接で落ちては自分自身が情けない気持ちになるでしょう。

面接が不得意であっても、公務員の資質とは関係がありません。

入職後は活躍するポテンシャルがありながら、面接を知らないために不合格になるのは、日本にとっての損失です。

長く人事として採用と、その後の成長を見てきたから言えます。面接の上手下手と仕事での貢献度は比例しません。

面接官は神様ではないので、人が人を評価し判断するのはとても難しく、人事のプロであっても、いかに良い人財を見逃さずに採用するかは簡単ではありません。

ましてや公務員は異動が多いため人事のプロが少なく、なおさら、面接官の見る目に期待は出来ないと言えるでしょう。 だからこそ、短時間で自分をいかに魅せるか、は対策とノウハウが必要です。

公務員試験の筆記は足切りです

既卒の受講生
公務員の筆記試験の結果がとても良かったので、これで面接も有利になりますね!
あとは無難に面接すれば合格できそうです。

安達瑠依子
筆記試験の点数が面接に影響するのは国家公務員だけです。
ほとんどの自治体の場合、筆記試験は足切りです。
筆記試験の点数は、面接にはまったく影響ありません。

 

筆記試験の点数が高かったとしても、面接には、全く影響がなく、横並び再スタートとなります。

今まで、公務員を目指している方を沢山指導してきましたが、筆記試験の点数が高かった方ほど・・・面接を無難にこなせば合格できるであろうと勘違いしている方が非常に多いと感じています。

また、初めて公務員を受験する方も、筆記の勉強が大変なあまり、民間と違って筆記の成績重視だと勘違いをしがちです。

せっかく面接までいったのに、たった20分の面接で落ちてしまい長い受験勉強を振り出しに戻してしまうケースが多いです。
資格試験というものは、合格点が存在し、その点数を超えていれば、全員が合格できる試験です。

しかしながら、公務員試験には、合格点がありませんので、合格点を越えれば良いというものではありません。

筆記試験で足切りを行い、面接による相対評価で競争者の上位に入らなくては合格することはできないのです。

公務員試験は資格試験とは違います

今の時代、公務員になるためには、面接が一番重要であるというにも関わらず・・・

既卒/アルバイト経験者から公務員を目指す方のお話を聞くと、公務員の面接対策は何をしたらよいのかが全くわからないという方が非常に多いのです。

既卒/アルバイト経験者だからこそ、新卒との違いを意識して、苦労した時間を無駄にしないアピールが必須です。アルバイトや短期派遣など、自分では引け目と感じている方も多いですが、その経験には価値があります。

人が人を採用する時は合理的な判断ばかりとは限らず、何かを感じて合否を決める事もあります。

その本気の出し方もちょっとした表現の仕方で伝わり方が違います。

面接官が「何か」を感じるのは、本気や熱意であることがほとんどです。

その点でも新卒に勝るとも劣らないと確信しています。

新卒向けの面接対策で内心不安に思いながらも時間と労力を無駄にしている方がいます。

過去の面接の失敗を活かせない方がいます。

場当たり的に新卒のように模範解答を暗記している方がいます。

面接官が何を知りたいのか、質問の意図を考えた事が無い方がいます。

そもそも、公務員として欲しい人材像を把握していない方がいます。

個々の方とお話をすると、熱い気持ちや真摯な姿勢や、新卒以上にポテンシャルの高さを感じる方が多いのに、面接対策がズレているのが本当に残念です。

面接を無難にこなせば合格できることは決してありません

公務員試験に「合格点」などないということは肝に銘じておきましょう。

マニュアル通りに動く人間ではなく、主体的に動けるような人材を確保したいという基準は民間企業と同じなのです。

また、最近の公務員面接は、事前対策が利かない、プレゼンテーション面接が増加しており、その中でも、特にメンタル面のタフさは重要視されています。

未だに「公務員なんて、大手予備校に入って、 カリキュラムに沿って勉強して、無難に面接できれば、誰でも合格できるんじゃないの?」と思っている方が多いのですが・・・

それは一昔前の公務員試験のことです。

公務員はいまや「面接対策」が一番重要なんです。

面接で何回も落ちるづけると「自信を喪失したまま」で公務員を諦めるという一番悲しい負の遺産までついてきます。

面接が上手でないだけで、人間として失格では無いにもかかわらず、民間企業への就職・転職にも影響してしまいますね。

私が避けたいのはそこです。

どんな優秀で人受けが良い方でも、すべてに合格する事は奇跡です。

人が人を採用する事がどういうことかを理解したうえで対策を立て、最大公約数で合格ゾーンに入りましょう。

落ちても「ご縁が無かっただけ」と割り切れるところまでやった方は、不思議とご縁に出会えますよ。(これは長年の私の印象です)

まれに「あなたを落とすなら面接官の目が悪い」という事があります。

面接対策の姿勢を見ているとその方の本質も、採用後の姿も想像が出来ます。

1年かけて日本中の防災を調べて、自治体の担当者に話を聞きに行った方がいました。

そういう方にネットでチャチャと調べただけでリーサーチを終えている方が勝てるはずが無いですね。

適当にやって受かるほど、たった20分は甘くはないです。

筆記試験は足きりですから、筆記の後の集団討論や面接、最近はプレゼンテーション面接などの対策をしなければ、公務員になることはできないのです。

公務員面接試験対策講座は、沢山ありますが、その多くが新卒向けですので、社会人、既卒/アルバイト経験者向けの方は、対策を間違えないように注意してください。

公務員面接の達人
友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事