公務員面接の達人
スポンサーリンク

安達瑠依子
退路を断って青森に戻って公務員受験に専念し、希望通り東京の特別区に合格された星さん(仮名)にインタビューさせていただきました。

公務員受験のために会社を退職したので、合格して本当に嬉しいです。
本当にありがとうございます。私の道のりが受講生の皆様への参考になれば幸いです。

安達瑠依子
星さんは、面接試験の重要性を理解されており、しっかりと対策をされていたと思いますので、合格は運ではなく必然だな、という感じがしますけど、無事に合格されて私も嬉しいです。
地元に帰って受験される方にとって、今回のお話は、とても参考になると思います。

青森に帰って受験したことで、本当にすごく応援していただいた1年間でした。
そのあたりのお話も参考になればうれしいです。

安達瑠依子
星さんのインタビュー動画はこちらになります。

安達瑠依子
星さんのインタビュー内容は、テキストでもご覧いただけます。

【合格者インタビュー】25歳 退職し、青森に戻って受験に専念!東京の特別区に合格!

安達:星さん、本日はありがとうございます。

星:ありがとうございます。

安達:そしておめでとうございます。

星:ありがとうございます。

安達瑠依子
いろいろと、これから受ける方のためにお話を聞けたらなと思ってるんですが、まず簡単に自己紹介をお願いしたいと思います。
ご年齢は25歳で、今は青森県在住っていうところまでわかっていますので、学校卒業してから何をされてましたでしょうか?公務員を目指したのかも含めて、ちょっと簡単に教えていただけますか?

はい。学校を卒業してすぐに東京にある損害保険会社に就職しました。そこでは本社業務として商品の引き受け方とか、そういうところに携わっていました。
実際に公務員を希望した時期は大学3年生の時だったんですけど、その時は勉強とかをせずに、そのまま就職するという形を選んで就職しました。実際に就業をしていく中で、社会人2年目ぐらいから勉強をコツコツと始めるようになりました。

安達:なるほどね。じゃあ新卒の時に公務員希望だったんですね。

星:そうですね、少しは受けようと思っていたのですけど受けませんでした。

安達:勉強が結構大変ですし、民間で就活がうまくいってしまうと、なかなかね。じゃあそこから勉強して、、という風には思わない。

星:そうですね、当時はそうでした。

安達:そこで(就業中に)決心が固まったんですね、今のお話だと。

星:はい、そうです。

安達瑠依子
青森県在住ってことは、お仕事を辞めて青森に戻ったということですか?

はいそうです。去年の12月末で退職して、1月から青森県に戻ってきました。

安達:そうですか。じゃあ本格的に公務員受験のために、ということでお仕事を辞めたということですか?

星:そうです。

安達:そうなんですか。じゃあ退路を断って青森に。

星:はい、そうです。

安達:お受けになったのはでも東京の特別区ですよね?

星:はい、そうです。

安達:青森に戻って青森の地元でというわけではなく、東京が良かったんですか?特別区が。

星:そうですね。東京で住んでいきたいなと思っていたので。お付き合いしている方とかもいたので、もう一度東京で働きたいなと思っていました。

安達:じゃあ今回念願が叶って東京に戻って、それでお仕事をされるということはプライベートのことも含めて、全部自分の希望通りになりましたね。

星:そうです、はい。

安達:前に掲示板とかに、東京に戻って住みたいと書かれていたので。そうだったんですね。

星:そうなんです。

安達:青森に戻って受験に専念してってことですから、そこからはお仕事、アルバイトとかはせずに、受験1本ですか?

星:1月からアルバイトをこちらで始めていて、高校までお世話になった塾でアルバイトを今もしています。

安達:そうですか。じゃあお仕事しながら両立ということで、東京にいた時とは違うとは言っても両立するのは大変ですよね。

星:そうですね。大変ではありました。

独学で面接対策をしなかった理由は?

安達瑠依子
今回、面接の達人のプログラムを受講されたんですけれども、どうしてですか?新卒の時もうまくいって就職されたのに、そのまま全部独学でやろうと思ったらできるんじゃないかな?という気がするんですけど。

そうですね。面接に対する不安というのはやっぱりあって、ご指導はいただきたいなと思っていたので、7月に突然、急きょという形ではあったんですけど、場所を問わずにできるこちらのオンライン面接の達人というところを見つけさせていただいて、こちらでお願いしようと思いました。

安達:そうだったんですね。どうもありがとうございます。筆記ももちろん大切なんですけど、面接もやはり公務員の受験って厳しいじゃないですか。筆記は足きりなので、ある意味そこから本当の選考が始まりますからね。


2つお聞きしたかったのですけど、プログラムを受講されようと思ったからには、さっき、面接に不安があったということですけど、ご自分なりに自分がどういう課題があると、明確に思っていたものはあるんですか?

星:はい、ありました。仕事を退職して受験すると決めたのは自分だったんですけど、それが公務員の面接とか面接官に対してのイメージとしては、不利という形のことは聞いていたので、自分だけでは対応しきれないところをサポートしていただいたりとか、対策方法を知ることで自分に自信がつくのではないかと感じました。

面接対策をしていての気づきとは?

安達:なるほどね。退職して受験をしている中で、経歴が不利なんじゃないかってというところですね。実はそれ自体は不利ではなく、むしろ就業経験がしっかりあられたので、良かったと思います。しかし新卒と同じ枠で受けますから、「何を基準に」というところはわからない。では受講して気が付いた、自分はこういったところはあまり考えてなかったなっていう発見はありましたか?

あまり自分のことを詰めるというところが、ふんわりとしているところが多かったので、掲示板とか見て、周りの方が自分と向き合っている姿とかを感じて、もっと自分が自分のことを知っていかなきゃ、それを伝えて聞かなきゃいけないと思いました。

安達瑠依子
そうですか。凄くいいところを気が付きましたよね。採用試験なので、もちろん優秀かどうかということも大切なんですけど、どんな人かっていう、自分の人柄だとか、どういう思いをもって公務員になろうとしているのか、そういう部分も伝えていかなくてはならないですからね。
結構、志望動機とかやりたい仕事であるとか、それは面接対策をする人でやらない人はいないんですが、いざ自分のことを聞かれるとあんまり答えられない方がいらっしゃるんですよね。もったいないですね。自分のことなのに。普段自分に対していろいろ問うことないですもんね。

星:そうですね。

安達:自分の短所でもあまりピンとこない。よくわからないという場合も結構ありますからね。

星:そうですね、はい。

安達:いざ人に話すとなると「何を1番に言えばいいのか?」となりますよね。

星:はい。本当にそうでした。

オリジナルの想定問答について

安達瑠依子
実際の面接対策について少しお伺いしますね。プログラムを受けられたので、想定問答をコツコツされたかと思うんですけど、想定問答をやってていかがでした?やっぱり想定問答をやったのですごく良かったなという部分は多かったですか?

多かったです。自分で回答を考えるというところと、それを自分でムービーを撮って、話し方とかを見たりとかして練習したんですけど、イメージよりもすごく自分の伝えたいような雰囲気で伝わってないような感じがして、練習をすることで自分のためになりました。

安達:自分で動画を撮られたわけですね。

星:撮りました。

安達:自分の声の調子とか表情とか、自分で見ると最初ちょっとショックを受けますよね。

星:すごく受けました。

安達:私もそうです。未だに。自分の動画とか見るの、実は好きじゃないです(笑)。だって、「こんな話し方なんだ」とか「こんな声なんだ」っていうのは自分で聞こえる声と違うじゃないですか。あと自分を客観的に見ることって少ないですよね。

星:そうですね。少なかったので、これを機会にやらないとと思って。

応募先のリサーチについて

安達瑠依子
でもこれは面接対策だけではなく、これから行政の立場でいろいろ説明をしていきますから、そういう面でも役立ちますね。自分がどういう風に見えるのかっていうのは。あと東京から離れてましたけど、応募先のリサーチはどうされてましたか?

リサーチはネット上で、青森県にいるときはネット上でしていました。東京に兄弟がいるので、そちらのうちに少し滞在しながら、すこし足を運びました。

安達:なるほど。ご自分の足で歩いたんですね。

星:はい。

安達:希望する区を歩かれたと思うんですが、どんなところを見ながら歩いたり、何か目的みたいなのは持ちました?

星:そうですね、私は区役所の本庁と支所を全部回りました。

安達:全部回ったんですか?

星:全部回りました。それ以外は街並みとか人の会話とかに気を付けていたくらいです。

安達:区役所に行かれて、よく面接で聞かれるのは区役所の対応はどうだったかとか、印象を聞かれることがあるじゃないですか。面接の中でそういったチャンスありました?

星:「区に足を運びましたか?」みたいな質問は一切されなかったです(笑)。

安達:そうなんですか。なるほどね。せっかく行ったのにそれを直接話す機会はなかったわけですね。

星:そうですね。そこをお披露目はできなかったので、「大丈夫だったかな?」って面接終わった後に少し不安だったんですけど。

安達:でも行っておくと安心ですよね。

星:そうですね、はい。自分の安心材料になりました。

安達:入ったらそこが職場になるわけですからね。

星:はい。

模擬面接について

安達瑠依子
さっき自分で動画を撮ったということですが、模擬面接はどうされたんですか?

模擬面接は青森県にある、ジョブカフェというところを利用していました。

安達:なるほど。無料だし利用しやすいので、私も皆さんにお勧めしています。

星:そうなんですか。

安達:はい。もちろん私の模擬面接を受けてくださるのもよいのですが、何回も何回もは費用もかかりますし、ジョブカフェとか、あとは時々お友達とかにも助けてもらって模擬面接をされている方もいましたね。

星:はい。

安達:回数多いほうがいいですからね。

星:そうですね。なので東京に行ったときは、人事をやっている姉妹がいるので、お願いをしたりしていました。

安達:いいですね。ご兄弟に人事の人がいる!じゃあ面接やってもらえますものね。そうやって対策をたてられたんですね。

星:そうです。

本番の面接について

安達瑠依子
では本番の面接のことをお伺いしたいんですが、「区役所に行きましたか?」みたいは話はなかったということなんですが、全体として自分の想定通りの質問が多かったですか?

想定通りの質問は多かったですね。

安達:逆に「これはちょっと考えてなかったな」なんて困った質問はありました?

星:困った質問はなかったです。

安達:そうですか。じゃあほとんど「えー!」っていうような驚きはなく、だいたい考えてきたことを話す状態だったんですね。

星:考えてきたことを話せたのですが、結構面接官の方の反応としては、すごく盛り上がったという感じではなくて、「違う答えをもう少し練った方がよかったのかな?」という後味で終わりました。

安達:どんな質問の時にそれを一番感じました?なんか足りない感じがしたというのは。

青森県に一回帰っているので、「青森県で就職しないの?」という質問は、やはりされて、「どうしても世田谷区で働きたいです」というのを伝えたんですけど、「え?そうなの?」みたいな感じで、好感というよりは驚きみたいな雰囲気だったので、ちょっと「覚悟を示せなかったのかな?」とは感じたんですけど、合格はいただけたので良かったと思います。

安達:確かに地元に戻られてますから、東京だと「地元に就職するだろう」と考える方が多いですからね。でも地元じゃなくても星さんのように特別区に受かってる方はたくさんいます。

星:ほんとですか。

安達:地元が特別区でも落ちてますから。逆に言えば。これは地方だと地元有利という所は結構あるんですが、東京のようなところは、そもそも東京で生まれて東京で育ったという人の方が少ないですから、いろんなところからきて活躍してるじゃないですか。たぶんそこはそんなに心配しなくてもよかったと思いますが、面接官の反応がそれだとちょっと不安になりますよね。

星:そうですね。そうでした。

なぜ公務員になりたいのか?

安達:退職してまで、「なぜ公務員になりたいのか?」って突っ込まれませんでした?

星:突っ込まれました。

安達瑠依子
そこは想定通りですよね?

そうですね。そこは想定して何回も練習したので、そのまま伝えました。

安達:そうですか。今までのお話を聞くとやるべきことはちゃんとやっていらっしゃるんですね。だから合格は運ではなく必然だな、という感じがしますけど。やるべきことはちゃんとやって、そもそも公務員になろうという意思も固いですしね。

星:はい。

安達:現職の時から勉強していたっておっしゃっていたじゃないですか。そんなに生半可な決心ではあの勉強はできないですよね?

星:そうですね。結構、現職で勉強していた時が一番、時間の使い方的には大変でした。仕事を辞めてから勉強したときは、気持ちは少し追い詰められていたんですけど、勉強の時間、時間の確保という点では余裕をもってできたので。

安達:そうですか。じゃあその苦労が実って。春からですかね?10月採用ですか?

星:4月採用です。

安達:そうですか。来春から願いが叶ってですね、職員として活躍されると信じておりますので、頑張ってくださいね。

星:ありがとうございます。

これから受験する方へのメッセージ

安達瑠依子
では最後に。。社会人になってから公務員受験するって、気持ちはあっても不安に感じる人、多いんですね。さっきおっしゃっていたように、時間のやりくりもすごい大変じゃないですか。ですから、星さんが「こういう風にやったら合格するよ」っていうような何か、アドバイスやポイントをお話ししていただけると嬉しいです。

そうですね、一つは自分を信じることです。もう一つは自分の周りの方、自分の身近で信じている、頼りになる周りの方を味方につけること。本当にすごく応援していただいた1年間だったので、応援してくれたので頑張ることも苦じゃないくらいの感じになれたので、周りの方を味方につけて頑張ることが一番だと思います。

安達:なるほど。一人で孤軍奮闘するんじゃなくて、そうやって背中を押してくれる、助けてくれる人を周りに作るということですね。

星:本当にそれです。

安達:じゃあ今回の合格で喜んだのは、星さんだけじゃなく、応援された方たちもすごく喜んでくれたんじゃないですか?

星:そうですね、はい。喜んでいただいています。

安達:本当に良かったです。おめでとうございます。

星:はい、ありがとうございます。

安達:今日はわざわざ時間を作ってインタビューに答えてくださって、ありがとうございます。これからもどんどん、星さんのように頑張る人を応援して、合格のお手伝いをしたいと思っていますので、星さんも今度は職員として頑張ってください。

星:ありがとうございます。

安達:ありがとうございます。

公務員面接の達人の無料オンラインセミナーの内容はこちら

  • 公務員面接の対策について
  • 面接官が評価するポイント/知りたい事
  • 面接官から高評価になる自己PRの書き方
  • 合格された方の具体的な面接対策方法
  • 公務員面接での面接評価基準の解説(面接官しか知らない情報です)

安達瑠依子
9月よりオンラインセミナーの内容を一新いたしました!
セミナーの内容はこちらをご覧くださいませ。

オンラインセミナーを視聴された方の感想はこちら

受験生
M.Kさん
自分の経歴を隠すのではなく、利用することは今年になってやっと理解したことでした。たしかに既卒のかたが受講したら結果は変わったと思います。

【セミナーの内容について】
★★★★★

【セミナーを受ける前と受けたあとで何が変わりましたか?】:
年齢に合わせた面接というのは、長年受験しているので理解していました。
ただ、自分だけの志望動機・自己prはやや不透明でした。
自分の経歴を隠すのではなく、利用することは今年になってやっと理解したことでした。たしかに既卒のかたが受講したら結果は変わったと思います。

【ご自身の面接の問題点はなんだと気がつきましたか?】
 今回の試験では、自分のはらわたをさらけ出した志望動機が必要と分かりました。
 縁もゆかりもない市役所を受けるにあたっては、表面上の言葉より中身があるような気がしました。

受験生
M.Tさん
主体性に欠けている。今までの面接では、あった出来事を述べていただけであったため次は自ら動いた主体性のあるエピソードを交えることにする。

【セミナーの内容について】
★★★★

【セミナーを受ける前と受けたあとで何が変わりましたか?】
セミナーを受ける前は自己PRや志望動機に関してテーマに関する番適切と思われるエピソードをひねり出しただけで満足していたがセミナーを受けた後はそれだけでは新卒と同程度のレベルであり社会人経験のある私にとってはレベルがあっていないということが分かった。そのため、数値や具体的なエピソードを用いてエピソードを作ることにする。

【ご自身の面接の問題点はなんだと気がつきましたか?】
主体性に欠けている。今までの面接では、あった出来事を述べていただけであったため次は自ら動いた主体性のあるエピソードを交えることにする。

【サポートを受けたいですか?】
検討中

受験生
R.Mさん
想定していた以上に社会人の合格は難しいと知り、年齢相応の対策が重要であるという意識が変わりました。

【セミナーの内容について】
★★★★★

【セミナーを受ける前と受けたあとで何が変わりましたか?】
想定していた以上に社会人の合格は難しいと知り、年齢相応の対策が重要であるという意識が変わりました。

【ご自身の面接の問題点はなんだと気がつきましたか?】
今、面接直前なのに準備が圧倒的に不足していること。特に場数を踏むことはもう間に合わない。

受験生
Y.Mさん
面接対策をもっとしっかりしなければならない、と思いました。

【セミナーの内容について】
★★★★★

【セミナーを受ける前と受けたあとで何が変わりましたか?】
面接対策をもっとしっかりしなければならない、と思いました。

【ご自身の面接の問題点はなんだと気がつきましたか?】
時間がなく、あまり練習できないこと。

2019年7月19日

受験生
N.Yさん
 自己分析、リサーチなど、全てが足りておらず、効率的に進める必要があると気づきました。

【セミナーの内容について】
★★★★★

【セミナーを受ける前と受けたあとで何が変わりましたか?】
何よりも危機感が大きくなりました。新卒ではなく現職の年齢の方と比較されるということに驚きました。

【ご自身の面接の問題点はなんだと気がつきましたか?】
自己分析、リサーチなど、全てが足りておらず、効率的に進める必要があると気づきました。

オンラインセミナーの感想の続きはこちらからご覧いただけます。

スポンサーリンク

今だけ!予備校でも教えていない面接対策重要ポイント特別プレゼント動画!

公務員面接の達人

志望動機、自己PR、自己分析、どれも公務員の面接試験で合格するためには、必要不可欠な対策です。

しかし、実は、ここを徹底的に対策しても、面接に合格することはできません。

なぜかというと・・・公務員試験の面接官は、もっと重要な部分をチェックしているからです。

面接の中では、ここが一番重要と言っても過言ではありませんが、予備校で教えているところは見たことがありません。

また、今まで、沢山の受講生を指導させていただきましたが、この公務員の面接で一番重要なポイントを理解していない方が非常に多いと感じています。

公務員から公務員を目指している人であっても、理解されている方は50%程度です。

ここは、最終面接で聞かれることがとても多いのですが、民間企業、新卒の方は、99%回答することができません。

安達瑠依子
今回、公務員面接対策動画をご覧いただいた方には、「社会人、既卒、アルバイト経験者が面接官に求められている合格するための重要ポイント」の解説オンライン動画をプレゼントいたします!

参加者
予備校も教えていない99%の人が間違えてる重要ポイント気になります~!

既卒・社会人の面接合格者インタビューはこちら

安達瑠依子
既卒、社会人の方がどのような対策をして合格されたのかを詳細にインタビューしていますので、ぜひ参考にしてくださいませ。

受験生
えっー!!合格された方は、こんな対策されていたんですね。

受験生
ここまでできてなかったので不合格の理由がわかりました。。

受験生
具体的な面接対策がとっても参考になりました!!!

安達瑠依子
合格速報の内容も参考にしてくださいね!
公務員面接の達人
友だち追加
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事